グローブトロッティングフードベンチャーズ

日本食について知らなかったこと

日本文化について本当に私を魅了することの1つは、彼らが作るすべての食品に完璧さのレベルがあることです。日本人は食べ物を非常に真剣に受け止めています。また、日本が無形文化遺産のリストに登録された理由でもあります。実際、それは国連の文化的関連性で認められている唯一の3つの全国的な食品の伝統の1つです。

「和食」または伝統的な日本料理は、日本の伝統と文化を生き続けるための重要な側面です。それは、すべての感覚に訴える成分、プレゼンテーション、味への特別な注意を伴います。また、和食は生き方です。

おいしい日本の食事は、味だけではないので、私を感動させることはありませんでした。それだけではありません。

和食の世界を探る

間違いなく、和食の遺産は日本の文化を結び付けてきました。和食の基礎は、「一樹三菜」に基づいて構築されています(文字通りの翻訳:1つのスープと3つの側面)。いちじゅうさんさいの典型的な和食のこのコンセプトは、4つの要素から成り立っています。主食であるご飯。ご飯と一緒に食べるスープやおかず、そして漬物や漬物。

厳選された食材で丁寧に作られたほとんどの料理は、生、たたき、ゆで、または味,、醤油、海藻またはカツオのフレークを使用した最小限の調味料で食べられます。これの背後にある考え方は、シンプルなフレーバーで作業し、最小限の調理で食材の鮮度を保つことです。天ぷらのような揚げ物の場合、バターは薄く作られているので、油をたくさん吸収しません。ニンニク、チリ、オイルなどの食材の最小限の使用は、シンプルさが日本料理の本質であることを証明しています。味o、わさびソース、醤油などの調味料は、食品の風味を高めるために使用されます。

日本の食事の本当の美しさは、その提供方法にあります。プレゼンテーションが重要です。刺身や寿司を食べたことがあるなら、各プラッターを作る際の細部への注意に気づいたでしょう。すべての料理は、比類のない審議、勤勉、美学の結果です。私にとって、和食は本当の芸術です。

食べ物に関する限り、日本人が誓う多くの規則とエチケットがあります。一部は奇妙に見えるかもしれません!たとえば、ヌードルスープを食べるときは丸toみするのが丁寧ですが、ご飯で作ったスープを食べているときは丸lurみしないでください。もう1つは、箸をボウルに置くことは失礼と見なされ、ボウルに箸を置くことも失礼と見なされます。常に箸置きを使用してください。そうでない場合は、箸のラッパーをテントの形に折り、箸の先端をその上に置きます。

和食の時間の砂の中にそのまま残っているいくつかの側面は、家庭料理に関連付けられています。 「おもてなし」は「日本のゲストの待遇」の翻訳です。歓迎の精神と理解、そしてとりわけ敬意を融合させます。アイデアは、ゲストに新鮮でエキゾチックな食材を与え、笑顔をもたらすことです。日本人とのもう一つの慣習は、食事の前後に食事に感謝していることです。日本人は母なる自然と調和して生き、その恵みを尊重しているため、「いただきます」という言葉と「ごちそうさま」「素晴らしい食事をありがとう」という言葉は彼女への感謝のしるしです。これが和食を日本のライフスタイルの中核とするものです。

日本料理の未来

レシピが進化し、味覚の好みが変化する時代に存在していた和食は、そのルーツに忠実であり続けました。日本食の未来は、確立された調理方法の保存に依存していると言っても過言ではありません。バーはすでにかなり高く設定されています。日本料理が贅沢と考えられているのも不思議ではありません。
世界中でさえ、食品の適合バージョンは、従来の調理スタイルと美的表現に固執しています。真実は、和食はその伝統的な形で提供される最高の食べ物の証です。続けなければならない遺産の証拠。

今日は、日本の味を思い起こさせるおいしい照り焼きボウルがあります、今すぐ注文してください!