インドから米国に送金するための最良のヒントを以下に示します

インドから米国へ送金するためのヒント

インドへの送金を試みています為替レートだけでなく、取引手数料や長い処理時間などにも対処する必要があります。通常、プロセス全体が不明確であり、必要以上のストレスを引き起こします。ここCashaaでは、インドからアメリカへ、またはその逆に送金するための最良のヒントについて、コミュニティを教育するために最善を尽くすことを目指しています。以下では、インドから米国への送金の重要なヒントについて説明します。

インドから米国へ送金するためのヒント

1.電信送金。

インドから米国に送金する場合は、電信送金を検討する必要があります。彼らはより高価かもしれないが、彼らは銀行のドラフトよりもはるかに便利になるだろう。通常、電信送金を行うには、国内か国際かによって1〜5営業日かかります。そのため、インドから米国への送金には約3〜5日かかり、40ドルの定額料金がかかります(ほとんどの銀行) )。国内料金は通常25ドルで、約1〜3日以内に処理されます。

2.為替レート。

為替レートに関しては、振替自体から直接失う金額を減らすために最低額を見つけたいと思うでしょう。米国では、振替会社は為替レートを事前に開示する必要があります。ただし、インドではそのような要件はありません。したがって、他の要因に基づいて選択する必要があります。為替相場をライブで観察して、いつ取引を行うのが最適かを判断するために、金融市場チャートプラットフォームを引き上げることは悪い考えではありません。これを行う場所は、SimpleFXとFreeStockChartsです。また、ここCashaaでは、今後数か月以内に独自の暗号通貨交換プラットフォームを使用して、より安全、安全、迅速に同じことを行えるようになることを嬉しく思います。

3.制限。

あらゆる種類の送金サービスで両替する場合は、サービス自体または現地の法律によって課せられる制限に対処することになります。したがって、事前に制限があるかどうかを確認する必要があります。そうすれば、制限に基づいて実行可能なオプションにならないサービスを選択することになりません。たとえば、Coinbaseを使用すると、彼らの新しいユーザーである場合、一定期間ユーザーになるまで、クレジットカードから購入できるBTCの量と銀行口座を介して異なる金額で制限されます。その場合にのみ、彼らはそれを増やします。ありがたいことに、Cashaaを使用すると、これについて心配する必要はなく、心の望みどおりにお金を送ることができます。

4.時間。

決定に何らかの形で影響を与える可能性がある別のことは、転送が完了するまでにかかる時間です。転送によっては時間がかかる場合があります。多くのことは、あなたがどれだけの時間を働かなければならないかによります。上記のように、電信送金は試行されますが、国際送金には通常3〜5日かかります。ビットコイン、イーサリアム、そしてはい、CASトークンなどの暗号通貨についての素晴らしい点は、これらの迅速な送金とある場所から別の場所への送金/送金がせいぜい数時間、場合によっては15-あなたがしようとしている資金を受信または送信する秒。

5.オプション。

問題の事実は、FIAT通貨を介してインドから米国に送金する場合、選択肢が制限されることです。サービスごとの不整合に対処する必要があるだけでなく、他のすべての為替レート関連要因についても心配する必要があります。上記のオプションを念頭に置いて、暗号通貨についての最も良い点の1つは、送金およびマネー交換市場に革命をもたらし、友人、家族、同僚に同様に簡単で安全かつ迅速に送金する方法を提供することだと考えています。ここCashashでは、CASトークンを使用して、現在よりもはるかに簡単な方法で送金または受取りができるように、銀行を持たない、または銀行の不足している世界中の25億人を支援することを目指しています。